Learning Through Doing

チームビルディングLab.

℡.050-5276-2568
営業時間:平日9:00~18:00
不在の場合がございます。
お問合わせよりご連絡ください。

「ディインヒビタイザー」 一覧

ディインヒビタイザー(De-Inhibitizer)とは、心のバリアをとり安心感をはぐくんでいく活動です。笑えるような活動内容で、互いに感情の抑制を緩めチームメンバーとの距離感を近づけます。ディインヒビタイザー系のアイスブレイキングゲームには、「失敗する」「恥ずかしい動作をする」「失敗や恥ずかし動作を見せる」の要素が入っています。

ディインヒビタイザーをアイスブレクで取り入れるのは、本気で活動をするハードルを下げるためです。「失敗すると恥ずかしい」という気持ちが普通ですが、本気で活動するためには、自分の失敗を引きづらず、他人の失敗を受入れ楽しめるような雰囲気づくりが必要です。

失敗を楽しむ系ゲームのうち「後出しジャンケン」や「キャッチ」のように個人で間違える活動で失敗に慣れた後、「スピードラビット」や「バスガス爆発」のように皆に見えるところで失敗する活動に入ると受け入れやすいです。

 

カテゴリ一覧

バスガス爆発

円の真ん中にたった鬼は円の回りにいる誰かを指名する。同時に鬼は「右」「左」「私」「あなた」の指示する。
鬼に指名された人は、指示された「右」「左」「私」「あなた」の人の名前を叫ぶ。
鬼は名前を言われる前に「バスガス爆発」と言う。
鬼が「バスガス爆発」と言い終わる前までに、名前を言えなければ、鬼とチェンジする。

スピードラビット

一人の鬼を中心に全員で円になり、鬼から指名された人と両隣の人が協力して決められたポーズをとり鳴き声を真似します。鬼は人を指名するのと同時に 「うし」「うま」「うさぎ」の3つから何のポーズをとるか支持を出します。
ポーズや鳴き声が間違っていたり、3人が協力しなかったりした場合は、間違えた人(協力しなかった人)は鬼と交代します。

Copyright© チームビルディングLab. , 2020 AllRights Reserved.